Concept(こだわり)

「真っ当な商売をする」、私たちの考えは全てその一言に集約されるといっても過言ではありません。商売の基本は信用。お客様からお金を頂いている以上、うそ・偽り等あってはならず、また自分達の利益だけを求めてもいけない。食に携わっている以上、単に安価な商品を提供するのではありません。提供した商品が本当に安全安心であり、心の底から「美味しい」と思って頂ける商品を提供できるように精進しています。私たちは当たり前なことを当たり前にできるようにする。そんな課題に常に全力で取り組んでいます。

九州は玄界灘産の新鮮食材

当社の重要なこだわりの1つに、新鮮食材の提供が挙げられます。
特に魚介類に関しては並々ならぬ情熱を注いでおります。産地は、九州、玄界灘の荒波で育った厳選食材を使用し、旨味の濃い良質な物をお客様に提供できるようにしています。

また、魚介類には必要不可欠な鮮度を維持するため、毎朝その日に水揚げされた物を、現地の九州から航空輸送し、その日の3時までに各店舗に届くようにしております。玄界灘のとれたての天然食材を、その日に調理し、その日に食してもらう、こんな贅沢が、低価格で実現できるのも玄海漁連組合との強い繋がりがあるからなのです。

全国各地の美味しい地酒

全国各地の酒蔵を訪ね、勉強させて頂いたり、希少な酒を分けて頂いています。例えば、九州は佐賀県・鹿島市に蔵を構える「富久千代酒造」さんで生産している「鍋島」。名実共に佐賀・九州を代表する地酒に育てることを目指し、某雑誌では日本酒NO1に選ばれる程のお酒です。

私共は富久千代酒造さんに何度かお邪魔し、その実質本位の誠実な日本酒造りの姿勢に惚れ込み、「鍋島」ブランドの酒をメインに取り扱いさせて頂いております。酒造代表であり、杜氏の飯盛さんとの交流を通し、その原種を分けて頂くなどのお付き合いをさせて頂いております。

南会津の有機野菜

有機野菜とは、種まきまたは植付け前2年以上の間、化学的に合成された肥料及び農薬を避けることを基本として、堆肥等による土づくりを行った畑や田んぼで生産された農作物で、国が認めた登録認定機関によって有機JAS認定を取得したものをいいます。

本当の安心・安全とは何か、お客様が安心して食べる事の出来る物とは何か・・・、そのような思いから当社では南会津の有機野菜を使用しています。安全性に関してはもちろん、その味に関しても現地視察を繰り返しながら、厳選した産地の物を直送いたしております。

徳島名産「もち麦うどん」

もち麦うどんとは、徳島県上板町で栽培されているもち麦を原料とした茶色い麺のうどんの事です。もち麦は、食物繊維の含有率が高く、白米の約10倍も含まれているため、機能性食品として見直されつつあります。

特に、血中コレステロールを下げる働きや、大腸ガンの予防効果があるとされる食物繊維のβ-グルカンが、米や小麦に比べて多く含まれています。食べた際の食感も「もちもち」しており、のどごしも良いので、主食や飲んだ後の締めなどに最適です。

page_top