【病原菌だらけ】職場のデスクで食事をするのはかなり不衛生

職場のデスクで食事をするのはかなり不衛生
  • URLをコピーしました!

昼食に出かける時間がない人は自分のデスクでランチをとるのはよくあることだ。
しかし、その行為がいかに健康上望ましくないことかご存知だろうか?

オフィスのデスクは健康上のリスクを招く!?

英国王立科学協会という学術組織の調査によると、オフィスのデスクで食事をすることは重大な健康上のリスクを招く可能性があるという。


理由としては、就業後のオフィスには病原菌をばらまくネズミが走り、パソコンのキーボードなどに付着している「食べこぼしたカス」を餌にしているのだ。


実際、あるオフィスで働いている女性が「デスクで食事をした覚えがないのにキーボードから植物の芽が出てきた」という事例もあり、ネズミが原因と考えれている。

会社のデスクで食事をするとストレスを高める

オフィスの自分の席で食事をとることはストレス度合いを高め、ついつい食べ過ぎてしまうことにつながると考えられている。そして、ストレスと過食との間には密接な関係があることはよく指摘されていることだ。


同様に、パソコンや資料を見ながら食べていると、どれだけの量を食べたか意識していないため過食につながるだけでなく、ずっと動かないことで、エコノミー症候群に陥るリスクが2倍になるという報告もある。

公衆トイレより汚いという声も

アメリカではオフィス環境は「公衆トイレよりも汚い」という衝撃的な調査結果も出ている。
実際、会社のビルに清掃業者が入っていたとしても、掃除をするのは床だけで机はノータッチなのが普通ではないだろうか?


ネズミが菌をばらまいていることや、そもそもフィスは汚くなりやすい環境なので、できるだけ自席でランチをとるのは避けたほうが賢明だろう。

友達にも教えてあげよう
  • URLをコピーしました!